2018年5月18日金曜日

この影だぁ~れ

今、ビジターセンター近くの池には、いろいろな生き物を見ることができます。
ふと池を眺めて気づきました。

さて、問題です。
池の底にできた、かげは、何の影?















これはおたまじゃくしですね。

次が本題
この影何の影?















さらに見ていると影が動いて水面をかく様子も見ることができました。
















となりに見えるおたまじゃくしの影も見ていて楽しくなりました。

日差しが強くなるこれからいろんな影が気になりそうです。

(正解は、写真の右側に浮いているものの影ですね。)

今日も楽しいや面白いを探す旅に出るいわしぃです。

2018年5月14日月曜日

5月のクラフトセンター(木工、石細工、自然食教室)休館日のお知らせ

5月のクラフトセンター各体験教室の休館日をお知らせします。

<自然食教室>
5月15日(火)、16日(水)

<石細工教室>
5月16日(水)~18日(金)、24日(木)、25日(金)、30日(水)、31日(木)

<木工教室>
5月21日(月)、22日(火)

(山のふるさと村)

2018年5月10日木曜日

雨あがりの自然観察

今週は雨の日が多かったですね。
奥多摩湖の貯水量もぐっと増えたようです。

こんな時は、雨あがりの自然観察に出かけましょう。
獣が姿を見せたり、鳥や蝶が飛び始めたりと、
生きものが動き出す気配を感じることができます。

そして私のおすすめはコケ観察。
水を吸ったコケは、新緑のような美しさです。

 
この日は素晴らしいことに、コケに擬態する生きものにも出会えました。
 
 

拡大すると・・・。


色もコケ、つんつんした所もまさにコケです。

調べると「クロミツボシアツバ」という名前の生きもののようですが、
個人的にはコケイモムシと呼びたいです。

ぜひ皆さまも近所の公園や神社などで、雨上がりの自然観察をしてみてください。
思わぬ出会いがあるかもしれません。

(すみぃ)

2018年5月4日金曜日

オトシブミの季節

新緑が美しいこの季節、山のふるさと村に来たらぜひ地面に注目してください。
たくさんの「落とし物」が発見できますよ。



丸められた葉っぱがいくつも落ちています。
誰の落とし物でしょうか?
まわりの木の葉をよく探すと、落とし主が見つかる場合があります。



さきほどの「落とし物」の主は、オトシブミのなかまです。
変わった名前ですよね。
葉っぱが丸まっている様子を、文(ふみ・手紙のこと)に例えたようです。
文を落とす生きもの、ということで落とし文と呼ばれるようになったのでしょう。
しかし、本当は手紙ではありません。
ひとつひとつに卵が産み付けてある、オトシブミの赤ちゃんのゆりかごなのです。
新緑の時期は、まだ葉っぱが柔らかくて丸めやすいのでしょう。

この時期、山のふるさと村で一番見つかるオトシブミはこちらのルイスアシナガオトシブミです。


オスの長い前足が個性的です。


ちなみにメスはこちらです。
オスほど前足は長くありませんが、濃いオレンジ色の体色は同じです。
メスが葉を丸めている間、オスは近くでメスを守っているようでした。


このオトシブミはケヤキの葉っぱを好みます。
ケヤキの葉っぱの特徴は、縁がぎさぎさしていることと、表面がざらざらしていることです。



ぜひ山のふるさと村にお越しの際は、オトシブミとセットで探してみてください。
また、ケヤキは街路樹として街中にも植えられていることが多いので、家のまわりでも探してみましょう。
もしかしたらオトシブミが見つかるかもしれません。

(すみぃ)