2017年6月22日木曜日

気になるさんぽ

ビジターセンターにいるインタープリターのいわしぃはクモが気になる人である。
でもいろいろなものが、「気になる」のです。
ビジターセンターから湖畔広場、サイグチ沢へ歩いて、いろいろ「気になった」事を紹介します。
















レストラン前の広場には、気になった足あと。
ニホンジカの足あとでしょうか?
藪の中に向かって足あとが消えています。
「気・に・な・る」

















水車小屋の壁には、ジグモの巣がいくつもありました。
ジグモ頑張ってるねと思うのは自分だけでしょうか?
「気・に・な・る」
















東屋の柱の齧り跡。
少し大きくなってるかも・・・。
どんな動物にが来ているのか・・・。
「気・に・な・る」
















園内のあちこちに、ジョウロウグモの子どもがいるのですが。
いったい秋にはどれくらい生き残れるのか・・・。
「気・に・な・る」

















昨日の雨で湖の水位が上がったのか・・・。
「気・に・な・る」

















石の隙間にいるニホントカゲを発見!!
目の前にいたハエを狙っているようだ。
「気・に・な・る」ので観察。

















ふと手すりの苔に目がいく。
青々とした苔を写真に撮って、やさしく触ってみる。
「大・好・き」

あなたの「気になる?」それとも「大好き」をぜひ教えてください。

(岩下和広/いわしぃ)

2017年6月19日月曜日

【8月14日~18日】「Jr.レンジャーキャンプ2017」募集中!

今年もやります、夏のキャンプ!

現在、ビジターセンターでは、
「小学校1、2年生」「小学校3、4年生」「Jr.レンジャー」
の3つの子供キャンプを募集しています。

そのうちの一つ、小学4年から中学3年生対象の「Jr.レンジャーキャンプ2017」
では、東京都最高峰2017mの雲取山に登ります。
奇しくも今年は雲取山の標高と同じ"2017"年。
二度と来ないこのチャンスを逃す手はない!

締め切りは6月30日(金)まで。
たくさんのご応募をお待ちしています!!




詳しいご案内はこちら↓
http://yamafurucamp.blogspot.jp/2017/06/jr2017.html

2017年6月17日土曜日

【7月27日~29日】小学校3・4年生対象「子ども 水の森キャンプ」応募お待ちしています!

もうすぐ締め切り!


今年もやります、夏のキャンプ!

現在、「1、2年生」「3、4年生」「Jrレンジャー」
の3つの対象キャンプを行う予定です。

そのうちのひとつである
3、4年生対象の「子ども 水の森キャンプ」
では、東京都の水源林である奥多摩を舞台に
水のことを知るための冒険に出かけます。

締め切りは6月26日(月)まで。
たくさんのご応募をお待ちしています!!



詳しいご案内はこちら↓




2017年6月8日木曜日

のぞいてみよう。

みなさん こんにちは。

暑い日があったり、
涼しい日があったりで、
毎日せわしないですね。

山のふるさと村は、サクラやスミレなど春の花の
開花時期が過ぎ、もりもりと茂る
緑の木々が美しい季節となりました。

そして、この緑の中には
花が咲いた後にできる“アレ”がひっそりと
育っています。


さて、“アレ“とはなんでしょう?


 答えは”実”です。
森には今たくさんの実が育っています。

今回は、山ふるで今見られる実をいくつか紹介します。

 最初は・・・
フジ
             
















まだまだ小さい!細い!
タネがしっかり育つのは秋ごろでしょう。


  続いて、

ヤマブドウ

             















これもまだまだ小さい!!
食べごろはまだ先ですね。
森の生きもの達は「食べごろ」を待っているかもしれません。


 次は、

アブラチャン

















実はかなり大きくなっていますが、
ここからさらに熟していきます。
色は茶色っぽくなり、最後には実がはじけます。
まだまだ中身は成長途中。


さらに、
オニグルミ
















見えにくいかもしれませんが、
真ん中に緑の実がたくさんついています。
こちらも見た目は大きく成長していますが
中身はまだまだ未熟。


最後は
ヤマザクラ
















赤い実がかわいらしい。
今回紹介する中では、唯一の熟している実です。
地面にもたくさん落ちています。
 
ニホンザルをはじめ、
様々な森の生きもの達が
この実をむしゃむしゃ食べます。

山のふるさと村に来れば、
ヤマザクラの種がたくさんはいった
動物の糞も見られますよ。



いかがでしょうか?
緑の木々が目立つ季節ですが、
その中をちょっと覗き込めば、
かわいい実が隠れているのが
見つけられるでしょう。

少し足を止めて
じっくり眺める時間を作ると
散策はより楽しくなります。

ぜひ、お試しあれ。


(インタープリター/とむさん)
 



 

 

2017年5月25日木曜日

【 〇〇の秘密 】

山ふるビジターセンターブログをご覧の皆さん、こんにちは。
突然ですがクイズです。
 
これはいったい何でしょう?
 


別の個所でもう一枚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで分かったあなたはスゴイ!
かなりの鳥好きでしょう。
 
そう、これは鳥の体のある部分を顕微鏡で拡大した写真です。
スベスベしていて、光沢があって…
鳥の種類によって大きさも色も様々です。
 
もうわかったかな?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答えは鳥の羽でした~!
今日はビジターセンター前に落ちていたトビの羽を拾い、洗剤で洗った後、顕微鏡で観察してみました。
 
 
鳥の羽は真ん中の太い軸を中心に、薄い板状のものが左右に広がっています。
この板状の部分は「羽枝(うし)」と呼ばれ、細い糸で織った布のよう。
更に先端はカギ状(耳かきのよう)になっていて、左右の羽枝がそのカギで絡み合うことによって、一枚の大きな羽が出来ていることが分かりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな羽の秘密を知った後、顕微鏡をのぞくインタープリターは
「うわっ、すごい」「本当にカギみたいだ!」「お~、なんかちょっと不気味…」と、
不思議な羽のつくりにすっかり夢中に。
 
みなさんも羽を拾ったら、私たちと一緒にミクロの世界を尋ねてみませんか?
 
(かーりー)

 


2017年5月24日水曜日

ビジターセンターは11:00より通常開館となります

山のふるさと村ビジターセンターホームぺージを
ご覧いただきありがとうございます。

24日、館内の消毒作業のため9:00よりビジターセンターを
臨時閉館しておりましたが、11:00より通常開館と
させていただきます。

電話も11:00より再開いたします。

山のふるさと村ビジターセンター

館内消毒のためビジターセンターを11:00まで閉館しております

本日、館内消毒のため9:00~11:00までビジターセンターは閉館しております。
つきましては、この時間まで電話が不通となります。

お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、
ご理解いただけますようお願い申し上げます。

開館次第、ブログにて告知いたします。
山のふるさと村ビジターセンター